ドライオーガズム

男性のオーガズムには2種類あります。
一つは射精を伴う通常のオーガズムでウェットオーガズムと言います。
陰茎を中心とした刺激によって導かれるもので性的興奮は射精の時に最高を迎え、射精終了後急速にしぼんでいきます。
もう一つは射精を伴わず陰茎が勃起していない場合すらあるオーガズムです。
精液を出さないためにドライオーガズムといいます。
dry4前立腺の刺激によって得ることができ、射精をしないため性的興奮は持続したままで、何度も連続して絶頂を迎えることも可能です。
場合によっては数時間連続するということもあり、その快感はウェットオーガズムの数百倍と言われています。
大の大人の男性がまるで女性のように喘ぎ声をあげ、身体を振るわせ、涎を垂らし、白目を剥いて絶頂を迎えると言うことですからすさまじいオーガズムと言えます。
大半の男性がウェットオーガズムに満足しており、ドライの存在自体を知りません。
またドライは必ず逝ける方法が確立されていないため、ドライの境地に到達した人を達成者と呼び、ドライに興味のある人にとってはヒーローとなっています。
ドライは一般的には、前立腺を刺激することで得ることができると言われています。
前立腺は男性の内性器で、膀胱の下部に位置し尿道を取り囲んでいるクルミ大の器官です。
前立腺を刺激するのは、アナルから指やエネマグラという器具を挿入することが必要で、アナルに異物を挿入するという行為自体が一般的でないためにドライに挑戦する人が少ない理由になっています。
ドライに挑戦する人が少ない他の理由としては、男性には陰茎という性的快さを感じる部位があること、ウェットオーガズムもそれなりに気持ちがいいこと、偶然の機会ではドライを感じる可能性がないことなどが挙げられます。
ドライに興味がある人は、ネットなどで情報を調べてオナニーの一環として試みようとする人、一人で達するのは難しいと見てM性感エステ店でベテランの職人嬢の施術により達しようとする人がほとんどで、普通の男女の交際、例えば夫婦とか恋人同士とかでドライに挑む人はほとんどいない状況です。
これは男性のアナルに異物を挿入したいという願望のある女性がまずいないこと、ほとんどの男性が妻や恋人にそんなプレイを要求しないことの二つの理由があります。
このように挑戦例と達成事例の少なさがドライを都市伝説のような幻のオーガズムにしてしまっていると考えられます。
現実にM性感エステ嬢の女の子ブログを読んでみると、達成者が出るのはそれほど多いわけではないようですが、それでも何人かは達することができているとのことでその時は仕事の醍醐味を感じると述べています。
ちなみにドライまで到達できない場合は陰茎の刺激によるウェットオーガズムで満足してもらうそうで、M性感エステの世界もなかなか奥が深いと思います。
将来的にはエネマグラの形状が改良されて今より簡単にドライに達することができると思われますが、まだまだドライが普及したり性的サービスの主流になる時代は先のことのようです。
ドライオーガズムについて詳しいサイト集

ドライオーガズムについて、学ぶことを辞めてはいけません。
快楽は無限にあり、ドライを学んで実践することで、ドライオーガズムがより強いものへと昇格していきます。
下記にドライオーガズムについて分かりやすい3つのサイトをご紹介しておきます。
ドライオーガズム
ドライオーガ宇z無について科学的に分析しているサイトです。

ドライオーガズムの動画
ドライオーガズムを動画を交えてわかりやすく解説しています。

ドライオーガズムのコツ
ドライオーガズムを成功させるためのコツを紹介している人気サイトです。

これらのサイトをよく読んで、ぜひ、ドライオーガズムを精巧さs手いただきたいと思います。

M性感エステ店のサービス内容

ドライオーガズムと言えばM性感エステ店の職人嬢が味あわせてくれるサービスですが、M性感エステ店のサービスはドライだけではありません。
その名のとおりセラピストによるメンズエステ的なサービスもあります。
一般的には前半がアロマエステで後半が性感エステという流れになります。
お客さんの年齢層としてはある程度経済的な余裕のある40代後半から50代の男性になります。
dry3ソープやデリヘルなどはとっくに卒業し、ガツガツした感じの抜けた人が多いです。
M性感に嵌る人は、出張先のホテルで溜まった疲れをとるべくマッサージを呼ぼうと思ったけれども、どうせなら若い女性を呼ぼう、コースはリラクゼーションのついでに性感もついた店がいいだろうという風に条件を入れてネットで店を見つけてからという人がほとんどです。
ホテルにセラピストが派遣されてきますが、M性感エステ店は正規のエステティシャン上がりという人も多数在籍しているのでマッサージは手慣れたものです。
男性客の疲れの溜まったところを探し出し、アロマオイルを使ってリンパを中心にマッサージをすることによって疲れを解消させていきます。
このときのセラピストの恰好は下着姿が一般的で、お客さんは全裸でうつぶせになって施術を受けます。
リラクゼーションのコースでは、女性に触るのはご法度ですし、女性も男性の性器付近には手を出しません。
アロママッサージが終わると次に性感マッサージに移行します。
女性は下着をとりオールヌードで施術を行い、マッサージの刺激も男性器やアナルに移行していきます。
男性は四つん這いの恰好でアナルを高く持ち上げパウダーマッサージをしてもらったり、仰向けの態勢で乳首を舐めてもらったり、手で性器を触ってもらったりします。
オプションで女性の体へのタッチ有りを選択できる場合がありますが、基本は受け身のまま施術を受けます。
セラピストの指やエネマグラを使った前立腺刺激もこの段階で行われます。
他の施術としては睾丸周辺のツボやリンパを刺激するマッサージ、東南アジアでは広く行われている睾丸マッサージ等の回春マッサージがあります。
大半のM性感店はドライにこだわっていないので前立腺マッサージもこれら各種あるマッサージの一つになります。
セラピストの施術も焦らしに焦らした末でのウェットオーガズムに導くことが目標になります。
男性としてはドライオーガズムは偶然達することができたらラッキーで必ず導いてもらえるものではないことを承知で試してみるのもいいでしょう。
オプションとして、アイマスク、手かせ、アナルバイブ、エネマグラがありますがこれらはたいてい無料です。
女性のトップレスやオールヌード、乳首へのリップサービスは有料である場合もあるし、性感コースの料金に含まれる場合もありますので予約の際に店に確認を取っておくことをお勧めします。
早い時間帯での早割や新人割引などのキャンペーンも上手に利用するとお値打ち価格で楽しむことができるでしょう。

ULT究極のドライオーガズムバイブルは間違いなくドライマニュアルとしては最高峰です。

ULT究極のドライオーガズムバイブルよりも、おすすめなのが強制ドライオーガズム法です、これは3万円位する高額商材なので、お金によゆうがあるひとは強制ドライオーガズム法を利用するのもいいでしょう。

ULT究極のドライオーガズムバイブルは爆発力は半端ないですね。
ですから、初心者はちょっと注意が必要なのかもしれません。

しかし、初心者だからこそ、一発目の宇宙にぶっ飛ぶレベルのドライオーガズムでの絶頂というのも体感できるというのはいいことなのかもしれません。
一生に一度の出来事ですからねぇ・・・。

よく、悟りを開いたときは眉間が開くと言いますが、ドライオーガズムをした場合は、なんていうか股が開くというかんじです。
なんていうか、前立腺が裏返しになって、ぱくっと先進を包み込む

全身が裏返しになって快感しか考えられなくなり、それ以外はゼロになる・・・そんな感じでしょうか。

はっきりいってULT究極のドライオーガズムバイブルを経験したことない人はなんおこっちゃと思うでしょうが、それくらいおかしくなるほどの快感があるという事です。
本当の快楽はうまく説明できないと思います・・・。

追記

強制ドライオーガズム法は、今の時点ではULT究極のドライオーガズムバイブルと合併?みたいなことしてるみたいです。
2つ同時に入手が可能みたいですね。

ドライオーガズムを得るのに必要な技術

ペニスから受ける刺激によってイクのが普通の男性の絶頂感でした。
しかし今は、それが覆るような快感の感じ方が出てきて、常識が変化しようとしています。
アナルから指や棒状の器具を入れ、直接前立腺を刺激することで得られるドライオーガズムは、男性にとって射精よりはるかに大きな快感を与えてくれる物です。
これは性感エステなどですぐに体感できるので、受けたことがない人はすぐに体験してみましょう。
前立腺の刺激により得られる快感は非常に大きく、私も最初に体感した時は思わず「うおおっ」と大きな声が漏れ、快感が長く持続しました。
その時思ったのが、射精しないにも関わらず大きな快感が前進を襲い、消耗もなくて非常に良い気分になれたことです。
ウェットオーガズムと異なるのは体力面で喪失感がないのと、気持ち的にへこむこともない点です。
この快感を得るにはしばらくかかり、オナニーでも人にやってもらうにしても、かなりの鍛錬が必要でした。
しかし、一度ドライオーガズムを感じられるようになったら、コツをマスターして何度もイクことが可能になります。
さらに、体もこの絶頂をより感じようとするらしく、もっと性感帯を増やすこともできるのです。
今は多くの男性がアナルの快感に関心を抱いており、アブノーマルでスリリングな内容と相まって非常に人気が出ています。
総合して考えると、この絶頂状態は男性にとって理想的な物であり、今後もその需要は大きくなるでしょう。
性感エステでサービスを受ける場合は、風俗嬢がきちんとした技術を持っているかどうかをあらかじめ調べるべきです。
ドライオーガズムが感じられるほどの前立腺マッサージの技術は、一朝一夕に学べる物ではないので、風俗店でも女の子たちに徹底した技術指導を施します。
それによってお客さんに必ず満足してもらえるような状態が作り出せるわけです。
性感エステではお客さんは基本的にマグロの状態になり、女の子が手袋をした上で指をお客さんのアナルに入れ、適切な方法で刺激を与え続け、絶頂に導きます。
射精するよりはるかに大きな快感が前進を襲うので、お客さんは「ほほっほう」などと支離滅裂な声を出し、快楽に体を震わせるのが通例です。
妻に手伝ってもらってセックスの際にかなりの確率でドライオーガズムを体感することができるようになった私にとって、セックスの時間は楽しみでしょうがありません。
今まで体力の衰えからセックスから遠ざかっていたのですが、射精を伴わないので消耗しないのは非常にうれしいです。
しかも快感は射精の何倍にもなって、直ちに復活してプレイに集中できます。
現代社会ではアナルのタブーは薄れました。
それは、快感の得方も多様性が認められるようになり、ある程度は自由がきくためです。
こうした時代の流れもあって、現在前立腺刺激により快感を得ようと考える男性は飛躍的に増えてきて、いまやアナルで快感を得ることがメジャーになったといえるでしょう。

EDの人向けのドライオーガズム

最近、ストレスや加齢のためにEDに陥る人が増えています。
EDとは性的な刺激や興奮を与えても勃起できなかったり、勃起しても維持できなかったりする症状です。
陰茎がピクリともしない、または一応硬くなるのだけれども中折れ、半勃ちで女性に挿入するのが難しい等で男性にとってはショックな出来事です。
対策としてはバイアグラなど強制的に勃起させたり勃起を維持する薬を飲むか、アルギニンなどのアミノ酸、亜鉛などのミネラル等が含まれている精力剤を飲むかなどで、他には食生活を改善する、適度に運動をする等、ストレスが溜まらないようにするくらいです。
dry2EDの最大の問題は、勃起が維持できないことよりも、男性としての自信を失うことです。
これは男性が女性を喜ばせないといけない、男性は能動的でないといけないという思い込みから来ていると思います。
発想を転換して男性も女性から喜ばせてもらえる、男性も受け身で性的快感を得ることができるとなると、陰茎が勃起しなくても特に問題が無くなります。
M性感エステなどを活用して男性が完全受け身のサービスをしてもらうことで、性的興奮を取戻し、深い快感を得る体験をするのはEDの男性にとって治療の第一歩となると思います。
M性感エステは技術を持つセラピストが、完全受け身の男性に対し、オイルマッサージやアロママッサージなどをして日頃の疲れを取ってもらった後で、性感・回春と称して局部や乳首、アナルなどに刺激を与えるサービスです。
セラピストの恰好は下着姿やエステティシャンのような服、オールヌードなど様々ですが、男性は全裸でサービスを受けます。
セラピストに対するタッチはご法度で、本物のマッサージに行ったときと同じように完全受け身で施術を受けます。
今までの男性は能動的に女性に対し愛撫をしないといけないと言う思い込みを捨てて、セラピストの性的な刺激に身を任せ日頃のストレスを解消するのがいいでしょう。
特に今まで経験したことのないアナルへの刺激は魅力的と思います。
セラピストが丹念にアナル周りをオイルマッサージした後に指を挿入して前立腺を刺激します。
思わず声が出てしまうかもしれませんが、身を任せるだけでいいので、力を抜いて感じるようにしてください。
時にはドライオーガズムという今まで知らなかったオーガズムに達するかもしれません。
勃起をして射精を伴うオーガズムをウェットオーガズムと呼ぶのに対して、勃起も射精も伴わず、前立腺を刺激されることによって得られるオーガズムをドライオーガズムと呼びます。
射精をしないために性的興奮が萎えることなく、いつまで快感が持続し、その快感はウェットオーガズムの数十倍、数百倍とも言われています。
EDの人にとって、M性感エステで施術を受けることは、受け身でいられることで身体への負担が少ない上、新たな性感を得られるなどメリットが大きいです。
特に勃起にこだわらないので、EDに悩む人にとっては最適の性風俗と思います。

ドライオーガズムの奥深さを考えたら

アナルに器具や指を入れて、前立腺を刺激するアブノーマルなオナニーがあると聞きました。
世の男性が夢中になるアナルの快楽の原因はどうやらここのようで、ネットでもそうした記述が多く見られます。
興味を持って見ていくと、どうやらこのオナニーで最終的に得るのはドライオーガズムなる普通の絶頂感とは異なる快感だとわかったのです。
この絶頂感は射精によるそれとは根本的に異なり、前立腺刺激により深く静かな感じで訪れます。
射精による絶頂感は一瞬ですが、こちらはじわじわと長く、射精の何倍もの快感が続くわけです。
また、精液を放出しないので、脱力感もなく、消耗する物もありません。
前立腺刺激にはコツと経験が必要ですが、いろいろな面から男性にとって有利と呼ばれています。
自分で前立腺を刺激することもできますが、特定の器具を使わないと難しいでしょう。
最近の風俗店では性感エステなるお店があり、ここでは前立腺刺激のプロが確実にドライオーガズムを与えてくれるので、初心者でも問題ありません。
普通のファッションヘルスなどで風俗嬢にアナルを刺激してもらってもあまり感じないのは、彼女たちにそれ相応のテクニックがないからです。
性感エステの風俗嬢たちはお店の側から前立腺マッサージについてかなり高いレベルの指導を受けているので、安心してサービスを受けることができます。
私もここ最近なじみの女の子を指名して、射精なしですさまじい絶頂を何度も味わい、至福の快楽を体感している所です。
古の人たちの記録を紐解いてみると、男性同士のアナルセックスにおいてドライオーガズムを感じていたふしがあります。
そもそも私はなぜ男性同士のアナルセックスが気持ち良いのか根本がわかりませんでした。
しかし、自分が前立腺刺激で射精せずに絶頂に達することができて初めて、アナルセックスで同様の快感を得ていた先人たちの気持ちがわかったのです。
男性が通常行うペニスでのオナニーやセックスでは、射精による快感のみで、それは一瞬で終わってしまい、体力の消耗も激しくなります。
しかし、射精を伴わない絶頂の状態ならば、その後に使える体力も温存され、気持ちよさも得られていいことづくめです。
現代社会は多様性が求められる時代でもあります。
その中で男性が得られる性的な快感が射精のみではさびしいでしょう。
前立腺刺激のコツを知り、ドライオーガズムに達することができれば、性感帯の開発により、玉袋の裏側やペニスの根元などでも射精せずに絶頂感を味わうことが可能になります。
こうした刺激を受けることは、男性にとって新しい活力を生み出す元になり、生活にもハリが出てくるのです。
イメージからして前立腺刺激はかなり特殊ですが、やってみると意外に難しくなく、自分でもいろいろ工夫してみたくなります。
今は私も棒状の器具を使い、前立腺刺激のコツをマスターすべく奮闘中です。
いずれみんながこの快感を知り、世の中にも広く知られるでしょう。

ドライオーガズムに関して、いろいろ調べていたところ、かなり優良区な情報をゲットしました。
こちらのサイトなのですが・・・(ドライオーガズムとは?
ドライオーガズムは方法をきちんと把握していれば簡単にできる!と豪語していますね。
本当でしょうか・・。引き続きれぽーろ指定きたいと思います。