快感が得られるドライオーガズム

私は、思春期までの間は精液の分泌がなかった為、ドライオーガズムによって性的な快感を得ていました。
これは、射精を伴わないで性的絶頂を感じられ、さまざまな手段によって快感が味わえます。
例えば、前立腺を刺激したり、お店で販売されているアダルトグッズなどでペニスを刺激させることが主な行為です。
中には、肛門へアダルトグッズを入れることで前立腺の刺激に繋がる方法や、前立腺に近い尿道を、管などを使って刺激することも一つの方法です。
私の周りのマニアックな人の中には、微弱の電流を前立腺に流すなど、今では快楽になるさまざまな方法が生み出されています。
また、ペニスだけではなく、色々な範囲を刺激させることにより、女性のように全身の性感帯を満足させることが出来るのです。
更に私は、前立腺の性機能障害持ちだった為、性行為の際に射精が出来ず、なかなか女性を満足させることが出来ないこともありました。
性機能障害の中には、糖尿病の人や交感神経系の障害の人、前立腺肥大症など、さまざまな性機能障害があるので、射精が出来ない人は少なくありません。
また、前立腺の手術後や手術後の後遺症、更には薬の副作用によっても性機能障害であることも考えられます。
しかし私の場合、射精を行わないことで女性の為の避妊にも繋がったので、よかったです。
ドライオーガズムという選択があるので、自分も性的な快感を得ることができ、彼女も前立腺マッサージをしてくれたので二人とも満足のいく性行為が出来ました。
彼女と共にアダルトグッズを買いに行った時も、前立腺を刺激する、前立腺刺激グッズなどアダルトグッズを見るだけでも、このグッズを今後使おうなどと彼女との会話も増え、愛も深まりました。
会陰からも前立腺を刺激することができ、小型のマッサージ機を会陰に当てるなど、ちょっとマニアックなこともやってみることも楽しさがあります。
女性の場合は、下肢や膣などが痙攣を起こし、オーガズムが強く感じた時は体全体が痙攣したり、体が硬直状態になり、人によっては何度もオーガズムを感じることが出来ます。
更には、長時間オーガズムを体験することができ、男性よりも維持することが可能です。
男性も同様に何度もオーガズムを感じられ、射精を伴わない為、射精するよりもオーガズムを強く感じられます。
男性のドライオーガズムについてはきちんと定義が決まっているわけではありませんが、女性と同様に、私は体全体が痙攣したり硬直したことがありました。
強いオーガズムを感じた時も、声を上げてしまうほど強烈な快感です。
前立腺をマッサージすることによって、日頃の悩みや会社でのストレスなどを発散させる効果もあります。
アダルトグッズもさまざまな商品が販売されているので、色々なアダルトグッズを試してみるのもいいと思います。
実際にお店へ買いに行くことが恥ずかしい人の為に、インターネットでもグッズを購入することが出来るのです。
これなら、どんな人がグッズを購入しているかバレる心配もありません。
性的絶頂を得ることは、日々の疲れを癒す効果があります。