半信半疑が確信へ変わったドライオーガズム

それまでアナルの中が気持ち良いという事を知らなかったのですが、たまたま風俗情報誌を見ている時に、ドライオーガズムという言葉が目に飛び込んできました。
ドライという事は「乾いた」という意味なのか?などと考えて、普通は射精をしてイクので不思議にも感じたのです。
そこでその載っている記事をさらに見てみると、アナルの中の前立腺部分をマッサージする事で感じる事ができるとも載っていました。
アナルはいやらしいプレイをする時によくオプションとして載っている場合がありますが、そういった専門的なプレイが好きな方だけがするものだと思っていました。
正直よく分からなかったので、気持ち良いなんて少し半信半疑にもなったのです。
これは自分で実際に体験してみたいという気持ちにもなり、ちょうど給料日後で自分の遊びに使うお金としては余裕があったので頼んでみる事にしました。
家には奥さんもいる為女の子は呼ぶ事ができなかったのですが、格安のホテルを紹介してくれてそこまで女の子も派遣されてくるという事だったので、ホテルで楽しもうと思いました。
電話をしてホテルを紹介してもらい、僕の方が先に着き少し待っていると女の子も到着しました。
まず驚いたのが写真とまったく同じかわいい子で、僕の好みの子が来てくれた事です。
以前に別のお店で写真を指名した時に思っていた子と違う子が来た事があったのですが、今回は指名をしていないのにかわいくてスタイルの良い女の子が来てくれました。
そして少し自己紹介をしてゆっくりと僕の服を脱がせてくれました。
オイルをたっぷり付けたその手で体をしっかりとマッサージしてくれて、性感部分も心地良く刺激してくれていたのです。
まだその時にはペニスを触っていなかったのですが、まるで触られているかのように感じてきてしまいました。
女の子は僕の上に乗り顔面騎乗をしてきて、あの生温かい局部で鼻と口に被さるように乗ってきたので、幸せなに気持ちになってしまいました。
ペニスの丁寧に触られて、いつも以上に射精をしてしまうといよいよドライオーガズムの為のアナルマッサージが始まったのです。
オイルを付けた指で丁寧にマッサージを行い、今まで触られた事のない部分を器具なども利用しながら刺激されました。
段々に何か快感の前触れのようなものを感じてきて、その時に女の子は僕の乳首を刺激したりいやらしい言葉で責めてくれました。
頭の中も何を考えているのか分からないくらいに真っ白になり、快感が頂点に達したところで射精の時よりも長い快感を味わってしまったのです。
たぶん1分近くだったのでは?と感じる程気持ち良いあの感覚が押し寄せてきました。
今回こんなにアナルが気持ち良い場所だったという事を知って驚いていますし、半信半疑だった気持ちが確信へと変わりました。
これからも奥さんには分からない程度に、このドライオーガズムができるお店に予約をして楽しい時間を過ごそうと思っています。