男性の最高の快感を味わう

ドライオーガズムとは男性が射精をしないで性的快感を得るというものです。
しかしこのドライオーガズムは、一般的なマスターベーションやセックスで達成することができる男性は少ないとされています。
しかしこうした快感を達成してみたい、味わいたいというものが男であり私もその一人です。
最近では風俗で男性のドライオーガズムを達成させるお店が増えており、人気の風俗ジャンルとなっています。
きちんとした教育を受けたプロの女性に責めてもらうことで達成することができるといわれています。
一度体験してしまうと病みつきになってしまう男性もたくさんいるといわれており、さらに興味がわきました。
この快感を達成する方法は専門のお店に行く以外の方法も自分で少し調べてみました。
調べてみたところ前立腺を刺激したり、アダルトグッズなどでペニスを刺激することで達成しやすいともいわれています。
自分ひとりでマスターベーションで達成することができた、という男性も多いですが、私は自分ひとりでは達成することができる自信がなかったので前立腺マッサージを売りにした繁華街の風俗店に行ってみることにしました。
あまり普段から頻繁に繁華街の風俗店に行かないこともあったせいか、かなりの興奮と期待の気持ちでいっぱいでした。
コンパニオンもグラマーで私の好みでした。
セクシーな衣装を着ていてとても興奮しました。
前立腺マッサージのお店では男性が女性を責めるのではなく、コンパニオンの女性が男性を責めてくれます。
男性側は寝っ転がったままで女性が責めてくれ、まるで性的に気持ちよくなることができるマッサージ店に来たような気分です。
コンパニオンはペニスへの刺激だけではなく、お尻も責めてくれました。
私はマスターベーションでもセックスでもなかなかお尻は刺激しません。
パートナーもお尻にはかなり抵抗があるらしくなかなか触ってくれませんでした。
しかし実際にお尻が刺激されるのはとても気持ち良いものでした。
さらに触ったりなめたりするだけではなく、アダルトグッズでも責めてくれて頭が真っ白になってしまうほど気持ちよかったです。
お店に行ってコンパニオンのサービスを受けてみたところ、快感の波が押し寄せてきて今までに感じたことがないような快感を味わうことができ、これがドライオーガズムなのかと実感しました。
また精神的にも肉体的にもリフレッシュすることができたのです。
マスターベーションやセックスでは肉体的なリフレッシュだけになりがちですが、両方が一緒になったときはここまで気持ち良いものかと感動も覚えました。
自分は今までマスターベーションでもセックスでもとりあえず射精ができれば満足、という考えを持っており、体も射精をすると満足していました。
しかしお店に行って体験してみたところ、やっぱり違いましたね。
また美人な女性が自分を責めてくれる、というシチュエーションにもかなり興奮しました。
これからはお給料日の後に自分へのご褒美として行ってみたいと思います。