EDの人向けのドライオーガズム

最近、ストレスや加齢のためにEDに陥る人が増えています。
EDとは性的な刺激や興奮を与えても勃起できなかったり、勃起しても維持できなかったりする症状です。
陰茎がピクリともしない、または一応硬くなるのだけれども中折れ、半勃ちで女性に挿入するのが難しい等で男性にとってはショックな出来事です。
対策としてはバイアグラなど強制的に勃起させたり勃起を維持する薬を飲むか、アルギニンなどのアミノ酸、亜鉛などのミネラル等が含まれている精力剤を飲むかなどで、他には食生活を改善する、適度に運動をする等、ストレスが溜まらないようにするくらいです。
dry2EDの最大の問題は、勃起が維持できないことよりも、男性としての自信を失うことです。
これは男性が女性を喜ばせないといけない、男性は能動的でないといけないという思い込みから来ていると思います。
発想を転換して男性も女性から喜ばせてもらえる、男性も受け身で性的快感を得ることができるとなると、陰茎が勃起しなくても特に問題が無くなります。
M性感エステなどを活用して男性が完全受け身のサービスをしてもらうことで、性的興奮を取戻し、深い快感を得る体験をするのはEDの男性にとって治療の第一歩となると思います。
M性感エステは技術を持つセラピストが、完全受け身の男性に対し、オイルマッサージやアロママッサージなどをして日頃の疲れを取ってもらった後で、性感・回春と称して局部や乳首、アナルなどに刺激を与えるサービスです。
セラピストの恰好は下着姿やエステティシャンのような服、オールヌードなど様々ですが、男性は全裸でサービスを受けます。
セラピストに対するタッチはご法度で、本物のマッサージに行ったときと同じように完全受け身で施術を受けます。
今までの男性は能動的に女性に対し愛撫をしないといけないと言う思い込みを捨てて、セラピストの性的な刺激に身を任せ日頃のストレスを解消するのがいいでしょう。
特に今まで経験したことのないアナルへの刺激は魅力的と思います。
セラピストが丹念にアナル周りをオイルマッサージした後に指を挿入して前立腺を刺激します。
思わず声が出てしまうかもしれませんが、身を任せるだけでいいので、力を抜いて感じるようにしてください。
時にはドライオーガズムという今まで知らなかったオーガズムに達するかもしれません。
勃起をして射精を伴うオーガズムをウェットオーガズムと呼ぶのに対して、勃起も射精も伴わず、前立腺を刺激されることによって得られるオーガズムをドライオーガズムと呼びます。
射精をしないために性的興奮が萎えることなく、いつまで快感が持続し、その快感はウェットオーガズムの数十倍、数百倍とも言われています。
EDの人にとって、M性感エステで施術を受けることは、受け身でいられることで身体への負担が少ない上、新たな性感を得られるなどメリットが大きいです。
特に勃起にこだわらないので、EDに悩む人にとっては最適の性風俗と思います。