ドライオーガズムの奥深さを考えたら

アナルに器具や指を入れて、前立腺を刺激するアブノーマルなオナニーがあると聞きました。
世の男性が夢中になるアナルの快楽の原因はどうやらここのようで、ネットでもそうした記述が多く見られます。
興味を持って見ていくと、どうやらこのオナニーで最終的に得るのはドライオーガズムなる普通の絶頂感とは異なる快感だとわかったのです。
この絶頂感は射精によるそれとは根本的に異なり、前立腺刺激により深く静かな感じで訪れます。
射精による絶頂感は一瞬ですが、こちらはじわじわと長く、射精の何倍もの快感が続くわけです。
また、精液を放出しないので、脱力感もなく、消耗する物もありません。
前立腺刺激にはコツと経験が必要ですが、いろいろな面から男性にとって有利と呼ばれています。
自分で前立腺を刺激することもできますが、特定の器具を使わないと難しいでしょう。
最近の風俗店では性感エステなるお店があり、ここでは前立腺刺激のプロが確実にドライオーガズムを与えてくれるので、初心者でも問題ありません。
普通のファッションヘルスなどで風俗嬢にアナルを刺激してもらってもあまり感じないのは、彼女たちにそれ相応のテクニックがないからです。
性感エステの風俗嬢たちはお店の側から前立腺マッサージについてかなり高いレベルの指導を受けているので、安心してサービスを受けることができます。
私もここ最近なじみの女の子を指名して、射精なしですさまじい絶頂を何度も味わい、至福の快楽を体感している所です。
古の人たちの記録を紐解いてみると、男性同士のアナルセックスにおいてドライオーガズムを感じていたふしがあります。
そもそも私はなぜ男性同士のアナルセックスが気持ち良いのか根本がわかりませんでした。
しかし、自分が前立腺刺激で射精せずに絶頂に達することができて初めて、アナルセックスで同様の快感を得ていた先人たちの気持ちがわかったのです。
男性が通常行うペニスでのオナニーやセックスでは、射精による快感のみで、それは一瞬で終わってしまい、体力の消耗も激しくなります。
しかし、射精を伴わない絶頂の状態ならば、その後に使える体力も温存され、気持ちよさも得られていいことづくめです。
現代社会は多様性が求められる時代でもあります。
その中で男性が得られる性的な快感が射精のみではさびしいでしょう。
前立腺刺激のコツを知り、ドライオーガズムに達することができれば、性感帯の開発により、玉袋の裏側やペニスの根元などでも射精せずに絶頂感を味わうことが可能になります。
こうした刺激を受けることは、男性にとって新しい活力を生み出す元になり、生活にもハリが出てくるのです。
イメージからして前立腺刺激はかなり特殊ですが、やってみると意外に難しくなく、自分でもいろいろ工夫してみたくなります。
今は私も棒状の器具を使い、前立腺刺激のコツをマスターすべく奮闘中です。
いずれみんながこの快感を知り、世の中にも広く知られるでしょう。

ドライオーガズムに関して、いろいろ調べていたところ、かなり優良区な情報をゲットしました。
こちらのサイトなのですが・・・(ドライオーガズムとは?
ドライオーガズムは方法をきちんと把握していれば簡単にできる!と豪語していますね。
本当でしょうか・・。引き続きれぽーろ指定きたいと思います。