ドライオーガズムの面白い所とは

風俗店でも性感エステは一味違います。
ここは男性だけが感じるドライオーガズムを売りにしており、射精を伴わない絶頂を体感させることがサービスの中心です。
友人がここに足しげく通っているので話を聞いたら、どうやらアナルに指を突っ込み、前立腺を刺激してもらって絶頂を体感するとの話でした。
彼はイク瞬間に「ふほおっ」とか声にならない声が出て、しばらくは体がびくびく痙攣し、動けなくなったようです。

前立腺刺激による絶頂感は射精によるそれとは比べ物にならず、アナルの快感にはまる人が多いのも納得できます。
男性は普通、アナルに指や器具、ペニスなどを入れられる経験はなく、それが直接前立腺の刺激につながっていたわけです。
友人の話を聞いてから、私もドライオーガズムについて興味を持ち、調べてみました。

面白いと思ったのは、女性がセックスの際にペニスを入れられたり、クリトリスを刺激されて絶頂を迎える感覚と、男性が射精を伴わないでイク感覚は酷似している点です。
男性の場合は前立腺刺激によりこの快感を得ることができるわけで、通常のペニスから来る刺激では射精による一瞬の快感しか得られません。
射精しないで絶頂を迎えた場合、体力の消耗はほぼなく、喪失感もないので、直ちに次のステップに移ることができます。
このため、セックスにおいて必要な持続力が継続され、パートナーも満足できるわけです。

私は妻とのセックスでさっそくこれを取り入れ、マンネリ化していたセックスに潤いを持たせています。
メリットが豊富に存在するのは大変喜ばしいことでして、射精を伴わずに昇天するスタイルはかなり広く受け入れられています。
男性にとってこのやり方はエコと取れる部分が多く、セックスそのものに対しての親近感が出てくるのも当然でしょう。

なにしろ、イってもイっても喪失感がないので、無尽蔵とはいいませんが、無類のタフネスになったかのような感覚を抱かせてくれるのです。
妻とセックスする際は必ず2回くらい射精したら果ててしまい、後はなあなあになっていましたが、ドライオーガズムを知り、訓練して自在に達することができるようになってから、かなりエキサイトできるようになりました。

かなりコツは必要ですが、こうしたテクニックを覚えると、非常に毎日の生活が充実してきます。
良い意味で刺激が受けられる新しい絶頂の迎え方については、ネットのアダルト関連サイトに記述がありました。
みんながこの快感の得方についてきちんとした認識を持ち、高い次元でコントロールできるようになれば、非常にいい形でコンスタントに絶頂が迎えられるはずです。
射精を伴わないドライオーガズムは、男性にとって非常に得な部分が多く、それは誰にとってもありがたい面があります。

体力の衰えた年配者でもセックスやオナニーの楽しみを理解できるようにするには、こうしたテクニックも導入していく努力が必要でしょう。
私もそれを肝に銘じ、自分なりの努力を重ねているのです。