自己紹介・ご挨拶

このサイトでは、あなたにドライオーガズムをさせるべく、作ってあります。

私、菊門エネ夫が実践して成功した体験と性科学的な視点、統計学からの視点を元に書いております。
ドライオーガズムを成功させたい方はこのページをお読みになることをお勧めいたします。

失敗したい方は無視していただいて結構です。

ドライオーガズムというと世間では「恥ずかしい」とか「馬鹿がするもの」という認識なのかもしれません。

しかし、私はドライオーガズムを心から愛していますし、その指導、教えることも好きです。

私は度合いオーガズムに関しては本気です。生半可な気持ちでこのサイトを作っているわけではありません。

一人でも多くの人が「エネ夫さんのブログの情報がきっかけでドライオーガズムができました!」とお礼のメールが来れば本当にうれしく思っています。

租の方たちは、直接会ったり本名は知らなくてもドライオーガズムを通じて間接的にであった同志であり、家族の様な掛買のない存在だと思っています。
ドライオーガズムをすることは恥ずかしい事ではない!オナニーが恥ずかしいとか小学生みたいなことをいう男は時代遅れです。

私の経験談、そして、数々の有料商材の購入、インターネットでの無料ノウハウ・・・すべての知識がこのサイトで得られる作りになっています。

「自分ができたから、だれでもこの方法でできるだろう」といった安易な考えでは決してありません。

私自身が、より気持ちいいドライオーガズムを体感すべく、いろいろな本、書籍、有料情報商材を読みました。

そして、前立腺を中心に人間の体の構造、脳の快楽・興奮物質(ドーパミンやセレトニン等)の知識も習得しました。

私の知っている知識をすべて教えていますので、参考にしてください。

私を踏み台にしてあなたがドライオーガズムができればそれに越したことはありません。
ぜひ踏み台、利用してください。

そうすればすべての人とは決して言えませんがドライオーガズムを習得できるでしょう。

このページを参考にしたたくさんの方からお礼のメッセージが届いているという結果と実績があります。

1つ1つ段階、順序を踏んで行っていけば、ドライオーガズムはたどり着けるようになっているのです。

失敗している人は、努力しなければならないとか、間違った知識を植え付けられてそれを信じ込んだりしています。

例えば、ドライオーガズムではなく普通の射精を例に挙げます。

エロ動画を見ながらチンコをしごいていればいずれ射精します。

しかし、ドライオーガズムを失敗している人を射精にたとえるのであれば

「NHKのニュース番組」を見ながら金玉をさすっているようなものなのです。

それでは、射精できるはずがありません、できたとしてもかなり特殊な人間でしょう。

そして、聞きます、インターネットなどの掲示板や関連サイトで質問します。

「射精できませんでした、なにが悪いのでしょうか?自分に合った教育番組ときんたまのさすり方をしえてください」

そうやって深みにはまり、有料NHKのBS番組を購入したりします。

最初からピントがずれているのです。そんな事を繰り返しても射精するのはかなり難しいでしょう。

できない人はこの例のように、ネットの無料情報をあさっているうちに「正しい知識と方法」を間違った知識に植え付けられているのです。

こういった初歩的な間違いの指摘、そして、医学的、体験談、失敗談を元にこのサイトでは

「なるべく多くの人をドライオーガズムへ導く」

事を目的としています。このページをよく読んで、ドライオーガズムを成功させてください。

あなたの「エネ夫さん、成功しました!」というメッセージお待ちしています(メッセージ送信フォームは左サイドバーから送れます。)